みたかナビ

三鷹・吉祥寺の観光スポットと無料写真

寺社

三鷹八幡大神社(三鷹市)

三鷹八幡大神社は、江戸の明暦の大火(振袖火事)で罹災して神田連雀町から入植した人々の鎮守として、寛文4年(1664年)に創建されました。
八幡大神社の境内には昔、村の若者達が力を競ったという「力石」が奉納されており、その後方には文政3年に作られた石灯籠があります。二番目の鳥居をくぐると真新しい楼門が正面に見え、左手には三鷹市の天然記念物に指定されているご神木の大きなシイの木(スダジイ)があります。三鷹市下連雀4-18-23

[ 写真の拡大 ] 写真をクリックすると幅2560ピクセルの画像を表示します

三鷹八幡大神社
三鷹八幡大神社の入口の大鳥居
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の境内
三鷹通りと連雀通り交差点に面している
三鷹通りと連雀通り交差点に面している
三鷹八幡大神社 新緑の季節は、緑が映えます
新緑の季節は、緑が映えます
三鷹八幡大神社の入口の大鳥居
三鷹八幡大神社の入口の大鳥居
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の拝殿
三鷹八幡大神社の拝殿

三鷹八幡大神社の拝殿
三鷹八幡大神社の拝殿
三鷹八幡大神社
三鷹八幡大神社の拝殿
三鷹八幡大神社 拝殿の横から本殿を見たところ
拝殿の横から本殿を見たところ
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社
三鷹八幡大神社の楼門

三鷹八幡大神社 楼門とすだじい
楼門とすだじい
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社の境内
三鷹八幡大神社 神社の西を通る三鷹通り、大木はすだじい
神社の西を通る三鷹通り、大木はすだじい
三鷹八幡大神社例大祭
三鷹八幡大神社例大祭
三鷹八幡大神社 御神木のすだじい、三鷹市の天然記念物
御神木のすだじい、三鷹市の天然記念物
三鷹八幡大神社 御神木のすだじい、三鷹市の天然記念物
御神木のすだじい、三鷹市の天然記念物
三鷹八幡大神社 御神木のすだじい、三鷹市の天然記念物
御神木のすだじい、三鷹市の天然記念物
三鷹八幡大神社 本殿裏にある木で作られた鳥居
本殿裏にある木で作られた鳥居
本殿裏にある木で作られた鳥居
本殿裏にある木で作られた鳥居
三鷹八幡大神社 境内にある日露戦争祈念碑
境内にある日露戦争祈念碑
三鷹八幡大神社 境内の奥の神輿庫で神輿を保管します
境内の奥の神輿庫で神輿を保管します

[ 写真の使用について ]
自然や風景・外観の写真:商用・個人を問わず無料の写真として自由にダウンロードしてお使いください。大量使用・再配布・商品化はできません。人物が映り込んでいる場合は顔などが特定できないようお願いします。リンクは全ページフリーです。
非公開の私有地や建物内の写真お借りしている画像もあり、使用できません。
掲載写真の著作権は各著作権者・撮影者に帰属します。

PAGE TOP