トップページ > 観光・スポット > 施設・建物 > 諏訪クワガタ昆虫館

諏訪クワガタ昆虫館

  • 三鷹市

< 一覧へ戻る

諏訪クワガタ昆虫館は、クワガタムシ、カブトムシの標本を展示する個人の昆虫館です。
場所はジブリの森美術館と吉祥寺通りを挟んで向かい側に有りますが、注意しないと個人宅なので見落とします。現在の館長は、父親から昆虫館を引き継いだ二代目で、クワガタムシが生きていける里山の自然を守っていきたいと願っています。
昆虫館の部屋では、国内外の約200種、500匹のクワガタムシなどの標本を展示しています。日本産と外国産、オスとメスのセット展示など余りにも数が多いので、普通の人には同じに見えてしまいす。そんな時は館長さんに説明してもらうと、成るほどと感心することが多いです。虫とは思えない大きなカブトムシにも出会えます。(撮影・文 三村)

住所
三鷹市下連雀1-14-4
電話
0422-49-2787
営業
9:30~13:00、14:00~17:30
定休
月、木(夏休みは月のみ)

写真

  • 諏訪クワガタ昆虫館
  • 諏訪クワガタ昆虫館
  • 諏訪クワガタ昆虫館
  • 諏訪クワガタ昆虫館
  • 諏訪クワガタ昆虫館
  • 諏訪クワガタ昆虫館
諏訪クワガタ昆虫館

無数のクワガタ展示、国内に生息するクワガタが全て網羅されているようです。

諏訪クワガタ昆虫館

受付ロビーの様子、どういう訳か神棚があります。

諏訪クワガタ昆虫館

クワガタの標本、右のハサミの無いのは雌?、疑問は館長さんに聞くと教えてくれます。

諏訪クワガタ昆虫館

カブトムシの標本、名をアトラスオオカブトムシといいます。

諏訪クワガタ昆虫館

生きているクワガタが見られるようになっています。/p>

諏訪クワガタ昆虫館

昆虫館の外観、吉祥寺通りに面していますが、注意しないと行き過ぎてしまいます。

地図

スポット地図