みたかナビ

三鷹・吉祥寺の観光スポットと無料写真

寺社

春清寺・柴田勝重墓(三鷹市)

春清寺の創建は慶長7年(1602年)、正式名を大原山春清禅寺と言います。曹洞宗の寺院で本尊は釈迦如来ですが、境内には金色の大仏もあります。他には庚申塔や青石塔婆、鐘楼、舎利塔(三層塔)などがあります。
春清寺の墓地に柴田勝重の墓があります。勝重は信長の家臣だった柴田勝家の孫で徳川家康に仕えました。家康から仙川の地を与えられ、島屋敷に陣屋を構えこの春清寺の改築を行い春清寺の中興開基となっています。柴田家の知行は80年程で終わり幕府の直轄地となりましたが、柴田家の墓地が現在も残っています。三鷹市新川4-4-22

[ 写真の拡大 ] 写真をクリックすると幅2560ピクセルの画像を表示します

三鷹 春清寺・柴田勝重墓
春清寺と書かれた岩と朱塗りの山門
三鷹 春清寺・柴田勝重墓 春清寺と書かれた岩と朱塗りの山門
三鷹 春清寺・柴田勝重墓 庚申塔や青石塔婆が並びます
正面が本堂 境内には庚申塔や青石塔婆が並びます
三鷹 春清寺・柴田勝重墓 鮮やかな金色の大仏様
鮮やかな金色の大仏様
三鷹 春清寺・柴田勝重墓
三鷹 春清寺・柴田勝重墓 子供をモチーフにした石像
子供をモチーフにした石像
三鷹 春清寺・柴田勝重墓
三鷹 春清寺・柴田勝重墓
三鷹 春清寺・柴田勝重墓
柴田勝重の宝筺印塔の墓
三鷹 春清寺・柴田勝重墓
三鷹 春清寺・柴田勝重墓
墓地には柴田勝重の墓と柴田家家碑があります
三鷹 春清寺・柴田勝重墓

[ 写真の使用について ]
自然や風景・外観の写真:商用・個人を問わず無料の写真として自由にダウンロードしてお使いください。大量使用・再配布・商品化はできません。人物が映り込んでいる場合は顔などが特定できないようお願いします。リンクは全ページフリーです。
非公開の私有地や建物内の写真お借りしている画像もあり、使用できません。
掲載写真の著作権は各著作権者・撮影者に帰属します。

PAGE TOP