みたかナビ

三鷹・吉祥寺の観光スポットと無料写真

施設・建物

みたか井心亭(三鷹市)

井心亭と書いて、「せいしんてい」と読みます。閑静な住宅地にあるこの建物は、昭和58年に個人から寄贈された土地へ三鷹市が和風文化施設として建設しました。井心亭の名前は市民からの公募によるものです。
建物は木造数奇屋造りの茶室と和室大広間それに庭園のある純和風建築で、庭には太宰治の家から移植された百日紅(さるすべり)の木があります。この木は道路の近くに立っていて、一般道からも見る事が出来ます。太宰治ゆかりの百日紅という事で説明板が建てられています。この文化施設は、市民が茶道・華道・歌会などの目的で利用することが出来、また「寄席井心亭」という落語会が毎月1回開かれています。
三鷹市下連雀2-10-48 https://mitaka-sportsandculture.or.jp/seishin/

[ 写真の拡大 ] 写真をクリックすると幅2560ピクセルの画像を表示します

三鷹 みたか井心亭
井心亭の入口、静かな住宅街の中にあります
三鷹 みたか井心亭 木造のぬくもりが感じられる玄関
木造のぬくもりが感じられる玄関
三鷹 みたか井心亭
三鷹 みたか井心亭 太宰治と百日紅の関係が説明されています
太宰治と百日紅の関係が説明されています
三鷹 みたか井心亭
井心亭の道路側、庭の樹木が溢茂っています

三鷹 みたか井心亭 太宰治ゆかりの百日紅
太宰治ゆかりの百日紅(さるすべり)
三鷹 みたか井心亭 太宰治ゆかりの百日紅
三鷹 みたか井心亭 太宰治ゆかりの百日紅

[ 写真の使用について ]
自然や風景・外観の写真:商用・個人を問わず無料の写真として自由にダウンロードしてお使いください。大量使用・再配布・商品化はできません。人物が映り込んでいる場合は顔などが特定できないようお願いします。リンクは全ページフリーです。
非公開の私有地や建物内の写真お借りしている画像もあり、使用できません。
掲載写真の著作権は各著作権者・撮影者に帰属します。

PAGE TOP