トップページ > 観光・スポット > 公園 > 神田川

神田川

  • 三鷹市

< 一覧へ戻る

玉川上水と並んで有名な神田上水は、江戸時代日本最初の水道として作られました。
江戸の人たちに水を送り続けていましたが貴重なため、炊事や飲み水に上水を使い、洗濯や風呂などは水質の悪い井戸の水を使うという話を聞いたことがあります。
現在の神田川は井の頭恩賜公園の井の頭池を水源とし、池尻のひょうたん池から流れ出ています。流れ出た水は整備された川となり、水辺に親しむことのできる川辺や川沿いの遊歩道が整備されています。水面の直ぐそばまで下りることが出来、石を渡って向こう岸まで渡ることも出来ます。
京王線の井の頭公園駅の所からは、ひらけた広い原っぱになり自由に遊べます。川沿いには大きな樹木が茂り、いい雰囲気の中でハイキング食事会が出来ます。(撮影・文 三村)

住所
三鷹市井の頭1丁目~3丁目

写真

  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
  • 神田川
神田川

子供が遊ぶ神田川、井の頭線のガード下から下流は親水公園となり、川に親しんで遊ぶことが出来ます。

神田川

夏の時期は、蝉時雨の中を水が流れていきます。

神田川

石づたいに川を渡ることができます。

神田川

神田川沿いの遊歩道、この道は自動車が通れないので静かで安全です。

神田川

川沿いで遊ぶ子供たち、水面の直ぐ近くまで下りることが出来ます。

神田川

神田川夕焼け橋、ここまでが水面近くまで下りられるようになっています。

神田川

木立の中を流れていきます。

神田川

井の頭電車のガード下、この辺りの神田川は両岸が高くなって他とは違う景観です。

神田川

神田川を渡る京王井の頭線電車。

神田川

広場の上を走る京王井の頭線電車。

神田川

神田川源流に立つ標識、流出口の直ぐ近くに立っています。

神田川

ひょうたん池から流出口、ここから神田川が始まります。

神田川

神田川と書かれた石碑。

神田川

ひょうたん池そばに立つ標識、行き先が沢山書かれています。

神田川

ひょうたん橋、井の頭池とひょうたん池を区切る橋です。

神田川

夕焼け橋近くの広場、広い原っぱが広がっています。

神田川

神田川の川岸にある木陰、グループで食事をしたりギターを弾いたりピクニック気分です。

神田川

神田川の川岸にある木陰です。

地図

スポット地図