トップページ > 観光・スポット > 施設・建物 > 山本有三記念館

山本有三記念館

  • 三鷹市

< 一覧へ戻る

三鷹市の名誉市民である山本有三が昭和11年から昭和21年まで家族と住んでいたこの家は、戦後進駐軍に接収され転居する事になりました。紆余曲折を経た後、山本から三鷹市に寄贈され、山本有三記念館として開館したのが1996年です。
建物は大正末期の洋風建築で、風格のある落ち着いた外観を見せています。中に入ると、重厚な作りの暖炉や階段などがそのまま保存されていて、当時の雰囲気にひたることが出来ます。
館内には直筆原稿や山本有三の活動や業績に関する展示もあり、執筆活動の足跡を知ることが出来ます。有名な「路傍の石」は三鷹で執筆され、「ミタカ少国民文庫」の開設や国語問題への取り組みなど、重要で多彩な活動を行いました。(撮影・文 三村)

住所
三鷹市下連雀2-12-27
電話
0422-42-6233
営業
9:30~17:00
定休
月(月曜日が祝日にあたる場合は、その翌日と翌々日)、年末年始(12月29日~1月4日)
URL
http://mitaka.jpn.org/yuzo/ (三鷹市芸術文化振興財団)

写真

  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
  • 山本有三記念館
山本有三記念館

記念館の南側、庭から見たところで一番姿が美しいです。

山本有三記念館

樹木越しに記念館を庭の方から見たところです。

山本有三記念館

記念館の入口、白い壁と門が目立ちますが清潔感があります。

山本有三記念館

路傍の石です。

山本有三記念館

風の道に面している入口の門。

山本有三記念館

庭に置かれた外灯、少し古い感じのデザインで点灯されるとどんな風に見えるか期待します。

山本有三記念館

北側から見た記念館、目立っているのは暖炉の煙突でしょうか。

山本有三記念館

記念館の西側、窓が柵で覆われていました。

山本有三記念館

山本有三記念公園の説明パネル。

山本有三記念館

入口付近にある石碑。

山本有三記念館

山本有三記念館

庭の風景、東屋は庭を散歩中ちょっと休むのに良さそうです。

山本有三記念館

石造りの渓流、岩場を水が流れてちょっと贅沢な庭です。

山本有三記念館

庭の中央に広場、この辺一体は入場料を払わずに入ることが出来ます。

地図

スポット地図