トップページ > 観光・スポット > 施設・建物 > 国立天文台

国立天文台

  • 三鷹市

< 一覧へ戻る

大沢の緑深い山の中に国立天文台があります。
構内には手を加えていない自然のままの森があって、植物を抜いたりする事は禁止されています。そのような樹木の茂る中に、天文学の歴史的建造物が点在し一般公開されています。主なところでは第一赤道儀室・アインシュタイン塔・大赤道儀室などですが、それ以外にも観測の建物があり大体は中に入って見学が出来ます。薄暗い観測施設内には資料館をかねていろいろな機器が所狭しと展示されています。
またそこで実際に観測に使われていた昔の望遠鏡が設置されていて、その大きさと重量感のあるメカニカルな機械は、今主流の電子デジタル機器には無い存在感があり、しばらく見とれてしまいます。
特別公開や月2回の定例天体観望会も行われています。(撮影・文 三村)

住所
三鷹市大沢2-21-1
電話
0422-34-3688
営業
10:00~17:00(入場は16:30まで)
定休
年末年始(12月28日~1月4日)
URL
http://www.nao.ac.jp/

写真

  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
  • 国立天文台
国立天文台

第1赤道儀室、国立天文台では1番古い施設で大正10年の建設です。中には20cm口径の望遠鏡があります。

国立天文台

大赤道儀室、直径65cmの望遠鏡が備えられ雄大な大きさを見せてくれます。

国立天文台

太陽塔望遠鏡(通称アインシュタイン塔)、建物全体が望遠鏡でアインシュタインの理論を検出する目的で作られました。

国立天文台

国立天文台

国立天文台の入口、受付を通って誰でも入れます。

国立天文台

立派な門柱。

国立天文台

天文台のマップ、見学コースが赤く塗られ、要所要所に標識が立ちわかりやすいです。

国立天文台

国立天文台

国立天文台

太陽系ウオーキングの出発地点、太陽から土星までの距離を140億分の1に縮めて100mの間に惑星を立てています。

国立天文台

木星の地点。太陽から火星までは、すぐ近くにありますが、木星から先はかなり遠いことが実感できます。

国立天文台

太陽系ウオーキング全体、各惑星毎に説明がありますので勉強しながらのウオーキングです。

国立天文台

見学コース、いろいろな人が見学に訪れています。

国立天文台

ゴーチェ子午儀室、天体の位置を精密に観測できるように工夫された望遠鏡との事です。

国立天文台

大赤道儀室、左に立っている説明板を皆さん見てから入っていきます。時間によっては職員の人が解説をしてくれます。

国立天文台

国立天文台旧図書庫、レンガ造りで年月がたって風格を感じます。

国立天文台

レプソルド子午儀室、恒星や惑星の赤経観測に使われたようですが説明を見ても専門用語が多く難しいです。

国立天文台

資料展示室、中はちょっとした博物館のようになって天体の説明パネルなどが展示されています。

国立天文台

自動光電子午環、草原の中にぽつんと立つこの建物は、天体の観測を精密に観測できる望遠鏡です。

国立天文台

国立天文台

アインシュタイン塔に向かう道、両側に森が続き自然が豊かです。

地図

スポット地図