トップページ > 観光・スポット > 施設・建物 > 中近東文化センター

中近東文化センター

  • 三鷹市

< 一覧へ戻る

中近東文化センターは、出光美術館収蔵のオリエント美術品を移して1979年に開館し、中近東の歴史・文化に親しみ、理解を深めるための活動を行っています。
中近東はユーラシア大陸とアフリカ大陸、地中海とインド洋を結ぶ地理的条件のため、多種多様な文化が影響しあい多数の国家が栄枯盛衰を繰り返しました。その歴史の壮大さと文化の多様性を展示物から感じることが出来ます。
展示は古代エジプトやメソポタミア文明などの土器・金属器・ガラス器・陶器・布・装身具・写本などを一般公開しています。
ミュージアムショップでは中近東にちなんだ香水瓶や印章など珍しいものを販売しています。(撮影・文 三村)

住所
三鷹市大沢3-10-31
電話
0422-32-7111
営業
10:00~17:00(入館は16:00まで) 前日までに、お電話でお申し込みください。
定休
木、土、日、祝、年末年始
URL
http://www.meccj.or.jp/

写真

  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
  • 中近東文化センター
中近東文化センター

高さ2.5mのハンムラビ法典のレプリカ、表面にはぎっしりと文字が書かれています。

中近東文化センター

ローマ時代の中近東展示、パルミラの遺跡です。

中近東文化センター

スレイマニエ・モスクの模型、どの方角から見ても美しいこのモスクはイスタンブールに建設されました。

中近東文化センター

ファラオ時代のエジプト展示。木棺蓋、様々な図柄で見事に装飾されています。

中近東文化センター

木棺の表面は鮮やか彩色されています。

中近東文化センター

ファラオ時代のエジプト展示。アメン神像です。

中近東文化センター

ガレクティAV号墓のレプリカ、紀元前1000年から2000年前のものです。

中近東文化センター

紀元前3000年頃のシュメール展示コーナーです。

中近東文化センター

古代中近東の土器、材料をこねて焼くパン作りがヒントのようです。

中近東文化センター

ペルシャ帝国の繁栄を物語る資料が展示されています。

中近東文化センター

エキゾチックなイスラム文字が描かれた台頭鉄製鍋。

中近東文化センター

何ともいえないきれいな水色が印象的な、トルコ系王朝青水差。

中近東文化センター

オスマン帝国トルコの陶器は輸出用に作られていました。

中近東文化センター

水をイメージした鮮やかなブルーが特徴のタイルです。

中近東文化センター

ファラオ時代のエジプト展示葬送用船模型、紀元前2000年頃のものです。

中近東文化センター

中近東文化センターの入口です カバが目印になっています。

中近東文化センター

手入れの行き届いた園中庭に出て、外の風に当たることが出来ます。

中近東文化センター

受付から奥はロビーになっています、ミュージアムグッズもいろいろ揃えてあります。

地図

スポット地図